足の臭いが気になる! その原因と対処法とは?

LINEで送る

靴や靴下を脱いだとき、足からただよう自分のニオイが気になる……人前で靴を脱がなければならないシーンで躊躇ってしまう。そんな経験はありませんか?

男女関係なく足のニオイに悩んでいる方にその原因と簡単対策方法をご紹介します。

 

足のニオイの原因は?

汗で雑菌が繁殖

足の裏は他の部位に比べ汗をかきやすい部分で、汗腺が密集しており、1日にコップ1杯~1杯半の汗をかくともいわれています。

本来汗は無臭ですが、その汗をエサに皮膚にいる常在菌が繁殖し、汗をエサとして分解することで嫌なニオイを発してしまうのです。

長い間履きっぱなしの靴や靴下の中で足が蒸れ、ニオイのもとになります。特にパンプスや革靴など、足全体を覆う靴の場合、通気性が悪いので汗が溜まりやすく、雑菌が繁殖しやすくなります。

足の角質

角質も常在菌によって分解されることで臭いを発するようになります。

足は全身を支える部分のため、他の部位に比べて角質が厚く、硬くなっています。そのため、垢となって剥がれ落ちる角質が多くなり汗と同様雑菌のエサに。

日頃から角質ケアをしっかりすることが必要です。

ストレスや疲労

休日はあまりニオイを感じないのに、仕事の時は特に臭く感じる。そんな人もいるのではないでしょうか?

それは緊張や不安などのストレスを感じると手足にかく汗を「精神性発汗」といい、タンパク質やアンモニアを多く含み、ベトベトしています。

疲労が体に蓄積されると、肝臓や腎臓の働きが弱るため、本来尿として出てくるはずのアンモニアが血液によって全身を巡り、皮膚から出てくるようになります。

これらのストレスや疲労も足のニオイの原因になってしまいます。

 

1.足を正しく洗う

シャワーの時はササっと足を洗うだけ。なんて人は要注意!しっかり汚れが落とせていない可能性大。

浴槽にゆっくり浸かる習慣のない人は、洗面器にお湯をはり足をふやかせてから洗うようにしましょう。おすすめは石鹸を使うこと。

これはボディーソープには保湿成分も含まれていることが多く、その成分が汗や蒸れの原因になることがあるためです。

 

2.角質ケア

足の裏の角質は石けんやボディータオルではなかなか落ちないので、角質リムーバーや軽石を使い取り除くようにしてください。

やりすぎは禁物で、週に1〜2回程度が目安です。

 

3.靴下や靴にも工夫を

足のニオイをケアするには、靴下選びも重要。綿、麻、絹、ウールなどの天然素材でできた靴下は、化学繊維のものに比べると吸湿性に優れており、足の臭いを改善してくれる傾向があります。

女性はストッキングを履くことも多いと思いますが、足裏部分が綿になっているなど工夫されている製品もあるので試してみるのも◎

さらに、革靴やパンプスも毎日同じものを履かず、1度履いたら2日は休め、干して乾燥させて。

足のニオイは日々のちょっとしたケアで改善・予防ができます。

それでも、どうしても気になるようなら消臭スプレーやデオドラント剤を使用してみるのもいいですね。

足のニオイの不安を解消して人前でもためらわずに靴が脱げるようにしましょう。

記事一覧

商品詳細